高ステータスな法人カードが欲しい!メリットや選ぶ際の比較ポイント

法人カードのステータスの高さを比較!

法人カードのステータスを比較

法人カードにはランクがあり、主に一般ランク、ゴールドランク、プラチナランクがあります。

一般ランクは年会費が安い代わりに、必要最低限の優遇しか受けられない法人カードが多いです。

それと比較し、ゴールドランク、プラチナランクは年会費が高くなりますが、受けられるサービスが多くなったり、旅行傷害保険の枠が高くなったりなどのメリットがあります。

そしてゴールドランク、プラチナランクの法人カードには、ステータスが高いということも大きなメリットになっています。

ここでは、そんな高ステータスな法人カードについて説明します。

また、ステータスが高い法人カードについて、それぞれの性能を比較してご紹介。

ステータスの高さに加え、どんな特徴がある法人カードなのか比較してみていきましょう。

高ステータスな法人カードの特徴

高いステータスの法人カードの特徴

高ステータスな法人カードは、一般ランクの法人カードを比較すると一律に年会費が高いという特徴があります。
ただ、年会費は高いですが、その分多くのサービスや優遇を受けられ、年会費以上のメリットがある場合もあります。

また、比較的利用限度額が高いのも特徴の一つです。

限度額が高いカードを持っておけば、万が一急に多額の支払いが必要になった時も「限度額が足りなかった!」などのアクシデントを防ぐことができます。

メリットは?

ステータスが高い法人カードを持つメリットとは?

高ステータスな法人カードを持っておけば、さまざまな優遇を受けることができます。

例えば、高ステータスな法人カードを持つことで空港のラウンジのサービスが利用できます。

出張で飛行機を使う際、ラウンジに入って一休みしたりWi-Fiとコンセントがある環境で仕事をすることも可能。
ちょっとした時間で仕事をして、業務効率を上げられるので待ち時間も無駄になりません。

また、ステータスが高い法人カードは、旅行傷害保険も比較的充実している点もメリットとして挙げられます。

ほとんどの高ステータスな法人カードでは海外、国内ともに保険が最大5,000万円が設定されています。
中には最大1億円という法人カードもあります。

ここまで補償されているのであれば、安心して出張に行くことができますね。

法人カードの保険サービスには、カードを使ってチケットをとった場合のみなどの「利用付帯」というものがありますが、中には持っているだけで保証してくれる「自動付帯」という法人カードがあるのでチェックしてみてください。

そして、高ステータスな法人カードを使うことによって、周りからの信頼性を得ることができるのも多きなメリットとなります。

取引先とやり取りする際、高ステータスな法人カードを使えば、「業績が良いんだな」という印象を与えることができます。
それにより、取引先に安心感を与えて、よりスムーズで効率的な仕事を行うことができるでしょう!

選ぶ際に比較するポイント

比較ポイント

高ステータスな法人カードは年会費が高いので、一般の法人カードを選ぶ際よりも注意深く比較して見る必要があります。

そして、高いステータスを持つ法人カードを比較し選ぶ際には、どのようなメリットがあるのかを考えることが大切です。

例えば、トラベルサービスの性能が優れている法人カードを選んだとしても、会社の業務で飛行機に乗ることがあまりなければ、意味のないものになってしまいます。

マイルだけどんどんたまっても、会社の業務で使うことがなければ宝の持ち腐れになっていまします。

また、旅行傷害保険の内容の比較も欠かせません。
出張が多い会社であればいつなんどき、事件や事故があるか分かりません。

その時にも安心できるように、最大いくらまでの保証なのか、カードを使わないと保証されない利用付帯なのか、使わなくても保証される自動付帯なのかを比較しておくことが重要です。

さらに、カードはどのような優遇やサービスがあるのか、どの法人カードがポイント還元率が高いのかなども重点的に比較しながら見ていきましょう。

高ステータスな法人カードを比較!

ここでは、実際に高ステータスと呼ばれている法人カードを比較してみていきましょう。

カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス アメックス・ビジネスゴールド 三井住友ビジネスプラチナカードforOwners JCBプラチナ法人カード
券面
本カード年会費(税別) 20,000円 31,000円 55,000円 30,000円
追加カード年会費(税別) 3,000円 12,000円 50,000円 6,000円
利用限度額 500万円 なし(個別に設定) 500万円 150万円〜
ポイント還元率 0.50% 0.40% 0.50% 0.50%
海外保険 1億円、利用付帯 1億円、自動付帯 1億円(決済有無により変動) 1億円、自動付帯
国内保険 5,000万円、自動付帯 5,000万円、利用付帯 1億円(決済有無により変動) 1億円、自動付帯
特典 専用カードデスク、レンタカーや宅配サービスの優遇価格 手荷物宅配サービス、帝国ホテルラウンジの優待価格利用 コンシェルジュサービス、高級ホテルの優待価格 指定レストランを2名利用の場合、1名無料

おすすめの2枚はこちら!

上記で比較した性能をもとに、特にステータスが高くおすすめの法人カードを2枚ご紹介していきます。

アメックス・ビジネス・ゴールドカード

比較おすすめ:アメックス・ビジネス・ゴールドカード

「アメックス・ビジネス・ゴールドカード」はアメリカン・エキスプレスが発行している法人カードです。

一般カードでも高ステータスとして知られるアメックスのゴールドカードなので、そのステータス性は他のカードと比べて群を抜いています。

この法人カードは年会費3,000円の有料プログラムに加入すると、1ポイントを1マイルに交換できるため、マイルをためるには最適のカードになっています。

また、旅行保険も国内が利用付帯で最大5,000万円、海外が自動付帯で最大1億円と大変手厚い保証内容になっています。

エアポート送迎サービスや帝国ホテルのラウンジを特別価格で利用できるなどの特典もついています。

ステータスが高い法人カードをお探しの方は、ぜひ導入してみてください!

アメックス・ビジネスゴールドの詳細

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

比較おすすめ:セゾンプラチナ・ビジネス・アメック

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」はセゾンが発行している法人カードです。

この法人カードは、年会費が20.000円と他の法人カードと比べても安く、それでいてゴールドより上のプラチナ待遇を受けることができるのが最大のメリットです。

旅行保険は海外が自動付帯で最大1億円、国内が自動付帯で最大5,000万円と年会費のわりにお得になっています。

また専用コンシェルジュもつくので、急な海外出張も安心して行くことができます。

また、顧問弁護士サービスのリーガルプロテクトやクラウド型会計ソフトのfreeeを特別価格で利用することができるのもおすすめポイントです。

高いステータスを持ちながら、年会費がお得でコスパが良い法人カードとなっていますので、「年会費を抑えながらステータスの高い法人カードが欲しい…」という方には、ぴったりです!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

他のカードも比較したい方はこちらもどうぞ

今回は、ステータスが高い法人カードを比較しご紹介しました。

また、当サイトでは、ここでご紹介した以外の法人カードについての情報もご紹介しています。
性能ごと、ランクごとなどの比較記事もご紹介しているので、気になる方はぜひTOPページからチェックしてみてください。

法人カード比較アンサーTOPへ

タイトルとURLをコピーしました