プラチナカードの法人カードを徹底比較

法人カードのプラチナランクとは


企業や個人事業主の方であれば、クレジットカードで法人カードを作成しようと思っている人もおられると思います。
法人カードには、「一般」、「ゴールド」、「プラチナ」と言う風にランク付けをされていますが、この中でもランクの一番高い「プラチナ」で法人カードを作成したい方もおられるはずです。

プラチナランクであれば、一般ランクやゴールドランクとは比べ物にならないくらいの性能や優良サービス、高いステータス性を誇っています。
信頼性も高いので、持っているだけで他者からも信頼されます。

ただ、その素晴らしいメリットがあるため、プラチナランクは年会費もゴールドランクや一般ランクよりも高めに設定されています。
しかし、プラチナランクの法人カードもいろいろな種類があるので、どれにしようか迷ってしまうこともあることでしょう。
そこで、今回は法人カードのプラチナランクを徹底比較して説明していきます。

法人カードのプラチナランクを導入するメリットとは


法人カードのプラチナランクを選ぶメリットは当然あります。

プラチナ法人カードのメリット
  • トラベルサービス
  • グルメサービス
  • コンシェルジュサービス

まず1つ目は、トラベルサービスです。
海外旅行や国内旅行、ショッピングの保険などの補償額がとても高めに設定されています。
1億円以上保証されている法人カードもあります。
また、空港のラウンジ無料などもプラチナランクであれば、スイートルームやより上位のルームでタイプになります。
提携のホテルであれば空室があれば無料でアップグレードもされます。

2つ目はグルメサービスです。
プラチナランクであれば、厳選されたレストランでお土産や食前酒、特別メニューが無料、または割引となります。
提携しているレストランの駐車場が無料、シェフからのあいさつなど特別な好待遇を受けることもできます。
2名で入っていけば一名分の料理は無料となることもあります。
このような好待遇を受けることができます。

3つ目はコンシェルジュサービスです。
世界中どこからでも、24時間航空券の予約やホテル、レストランの紹介、コンサートのチケット手配などを受けることができます。
また、コンシェルジュサービスで予約したレストランはマネージャーやオーナー自らあいさつに来るといった好待遇があります。
このようなメリットがあります。

プラチナランクの法人カードを選ぶ際の比較ポイントについて


プラチナランクの法人カードを選ぶ際の比較ポイントには、主に年会費、限度額、付帯サービスです。

これら3つは、プラチナランクの法人カードによって違いがあります。
それぞれの特徴を理解して比較して選ぶのは大事なことです。
まずは、年会費です。
年会費は30000円~50000円などの価格になっているので、ゴールドランクの法人カードよりも高い値段となります。

法人カードの年会費も30000円と50000円では、支払う料金が違ってくるので、年会費を見て法人カードを選ぶのは大事になります。
次に限度額です。
限度額も法人カードの種類によって違いがあります。

利用限度額は大体が150万円~500万円までとなっていますが、1000万円まで使用することができる法人カードもあります。
ビジネスで多くのお金を支払う予定であれば、限度額も比較しながら選択する必要があります。
付帯サービスも比較しながら決めることができます。
付帯サービスに付いているサービスも、各法人カードによって違いがあります。
例えば、三井住友プラチナforOwnersであれば、最大60000円分のギフト券をもらうことができるキャンペーンを行っています。

三井住友ビジネスプラチナであれば世界中のラウンジに出入りすることも可能に。

このようにあなたのビジネススタイルによって、付帯サービスも比較しながら決めることができるのです。

プラチナランクの法人カードを比較

プラチナランクの法人カードを比較した表を見ていきましょう!

カード名 JBCプラチナ法人カード 三井住友プラチナカードforOwners セゾンプラチナ・ビジネスアメックス
券面
年会費 30000円 50000円 20000円
追加カード年会費 6000円 5000円 3000円
ETCカード年会費 無料 無料 無料
限度額 150万円以上 500万円 1500万円以上
海外保険 1億円 1億円 1億円
国内保険 1億円 1億円 5000万円

一番おすすめのプラチナランク法人カードの紹介


一番おすすめできるプラチナランクの法人カードは、上記3つを比較してみると「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス)」になります。

おすすめの理由は、限度額が1500万円以上と1000万円以上使用することができるので、ビジネスで大きな買い物をするときに使用することができます。

また、年会費も20000円と安い料金となっているので、法人カードとしても作りやすいです。
付帯サービスもたくさん付いているので、プラチナランクで法人カードを作成したい場合は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスをおすすめします。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

法人カードを機能別にご紹介中!

今回はプラチナランクの法人カードについて比較しご紹介しました。

当サイトでは他にも、性能別、ランク別など、求めるものに合わせて法人カードを比較しご紹介しています。

ここでご紹介した以外の法人カードもチェックしてみたいと言うかtあは、ぜひ下記の比較ページもチェックしてみてください!

高性能な法人カードを比較

タイトルとURLをコピーしました