出張にも便利なプライオリティパスが付帯している法人カードを比較

プライオリティパスが利用できる法人カードを比較!

法人カードにもプライオリティパスのサービスが付帯しているカードがあります。
しかし、各カード会社によって年会費はもちろん付帯している保険内容などは異なります。

プライオリティパスを活用することで、ストレスなく空港で過ごすこともでき、法人カードを追加発行し社員に持たせることで、プライオリティパスを福利厚生の一環としても活用できますよね。

今回はプライオリティパスが付帯している法人カードを比較しご紹介します。

プライオリティパスとは?具体的にどんなサービスがあるの?

法人カードの付帯サービスのなかには「プライオリティパスの無料発行」というものがあります。
このプライオリティパスとは空港ラウンジを利用できるサービスです。

具体的にはアルコール類を含むドリンクや軽食のサービス、スパやレストラン、ショッピングの優待などの特典があります(一部有料)。

多くのラウンジには無料Wi-fiインターネット接続サービスも整備されており、中には会議室が併設されている空港もあるようです。

サービスを利用できる場所ですが世界の500都市以上、1200カ所以上の空港ラウンジでサービスを受けることができ、今もなおエリアは拡大しています。

日本でも関西国際空港や羽田、成田空港など提携している空港ラウンジも多いため活用する機会は少なくはありません。
航空会社や搭乗クラスに関わらず、ラウンジクラスの体験が可能で、特別に事前予約する必要もありません。

プライオリティパスがあれば待機時間も快適に過ごせます

特に忙しいビジネスマンには、落ち着いた環境で作業したり、考えたりする時間は必須ですよね。

空港ターミナルや待合は常にアナウンス放送や周囲の喧騒でそのような場所を確保することが難しいのが現状です。

法人カードを導入し、プライオリティパスの会員になれば、静かで快適な空間はもちろんサービスも充実しているため、通常の待合室と比較して搭乗までの時間を快適に過ごせるようになることは間違いないのではないでしょう。

プライオリティパスを利用する際に知っておきたいこと

プライオリティパスの利用に関して事前予約は不要で会員証を提示するだけで利用が可能です。
またほぼ全ラウンジがデジタル会員証に対応しているので申し込み直後から利用ができるようになっています。

注意点としてプライオリティパスには充実したサービスがありますが、特典の内容によっては一部有料となるサービスもあります。
またプライオリティパスには、年会費によって「プレステージ」、「スタンダード・プラス」、「スタンダード」の3段階のステージに分けられています。

ステージによっては使用制限がありラウンジを利用するたびに料金を支払う必要があるものもあるため、あらかじめ法人カードにどのクラスのプライオリティパスが付帯されているのかチェックしその内容も確認しておきましょう。

プライオリティパスが付帯している法人カードの特徴を比較

ここでは、プライオリティパスが無料発行できる法人カードを一覧で紹介し比較します。
プライオリティパス以外にも年会費や性能も併せて、比較していきましょう。

カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス 楽天ビジネスカード JCBプラチナ法人カード 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
券面
ポイント還元率 0.5%
(海外利用は1.0%)
1%
楽天市場を利用すればポイントUP
0.5% 0.5%
年会費 20,000円(税別) 2,160円
楽天プレミアムカードとセット(10,800円)
30,000円(税別) 50,000円(税別)
追加カード年会費 3,000円
(4枚まで)
なし 6,000円 5,000円
ETCカード年会費 無料 無料 無料 無料
付帯保険(海外・国内) 海外
最高1億円
国内
最高5,000万円
国内・海外
最高5,000万円
(プレミアムカードの特典)
国内・海外
最高1億円
国内・海外
最高1億円

おすすめのは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」

数あるプライオリティパスが付帯している法人カードですが、利用するのであれば断然セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスをおすすめします。

プライオリティパスは空港ラウンジのサービスを基本としているため、飛行機に搭乗する機会は必然的に増えますよね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのメリットは通常4,000円(税別)かかるセゾンマイルクラブに無料で加入できるためマイルの還元率がとても高いことで知られています。

また、この法人カードに付帯する保険の限度額は海外旅行では最高1億円、国内旅行では最高5,000万円と補償も充実しています。

加えて年間200万円以上使用することで、翌年度のカード年会費が半額にもなるため経費を抑えることが可能です。

さらにこの法人カードの特典として「コンシェルジュサービス」があり、24時間365日会員専用の秘書サービスもついています。
このサービスでは電話一本で飛行機や新幹線のチケットの手配やお店の予約もしてくれるため、忙しいビジネスマンにとってはとても助かるサービスですね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

まとめ

プライオリティパスは世界中の空港ラウンジが利用でき快適な時間を過ごすことができる多忙なビジネスマン必須のサービスです。

法人カードにもプライオリティパスが付帯しているカードがありますが、サービスの中には一部料金が必要になる場合もあるので注意をしてください。

カード会社によって特典や優待に違いがありますが、以上のことを比較してもマイル還元率が高く、充実した特典が多いセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの法人カードを検討されることをおすすめします。

た、当サイトでは、ここでご紹介した以外の法人カードもご紹介しています。
プライオリティパス以外の性能で比較した記事もあるので、ぜひ法人カード選びの際にはお役立てください。

比較ページをチェック

タイトルとURLをコピーしました