三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの性能を紹介

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの魅力を解説


法人や個人事業主の方は、どんな法人カードを利用しようか迷うもの。

はじめての法人カードを作る場合や、事業が軌道にのるまでは審査も不安という方も多いでしょう。

今回は、そんな不安を解消できる「三井住友ビジネスクラシックカードforOwners」についてご紹介します。

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの性能や、導入することによるメリットついて紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

登記簿謄本や決算書が不要!開業したてでも申し込みが可能


三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは、本人確認書類があれば申込みができます。

登記簿謄本や決算書が必要ないため、業績が不安定の場合や、開業ばかりでも申し込みが可能。
申し込みのハードルが低めに設定されているのが特徴となっています。

「経費計算を効率的に行うために法人カードを導入したい!」
と考えた際に、一番心配になるのが審査だと思います。

法人を設立したてで業績が安定していなかったり、個人事業主で小規模に事業を行っていたりする場合には「審査に通るだろうか」と不安になるでしょう。

しかし、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでは、基本的に法人カードの申し込みの際に必要になる登記簿謄本や現在事項全部証明書が不要となっています。
20歳以上で、本人確認書類があれば申し込みができてしまうのです!

もちろん、本人確認書類だけの提出だからといって審査に確実に通るものではありません。
しかし、スタートアップ企業も対象になっていることから、審査は比較的通りやすいと思われます。

そのため、審査に不安を抱える方には、1枚目の法人カードとしておすすめしています。

キャッシュフローの改善にも!一括は最長で56日後の支払い


事業を行っていく上でキャッシュフローを改善したいと思っている方も多いでしょう。

事業で売上をあげても、実際に売上が手に入るまでには時間がかかることがほとんど。
そのため、事業がうまくいっていても手元にお金がないという状態が発生してしまうことがあります。
そんなときに、売掛金のファクタリングを検討してもよいですが、手間とコストがかさみます。
売上を先に手に入れるのは現実的ではありません。

売上が難しい場合には、経費の支払いを後払いにすることを検討するでしょう。
法人向けに後払いを採用している場合も多いですが、請求書をとりまとめるのに手間が発生します。

そこで検討したいのが法人カード。

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでは、最長56日後の支払いが可能となります。

法人カードで決済することにより後払いになるので、現金の調整が可能になり、キャッシュフローの改善ができるよになります。

ETCカードが無料で作成可能!年一回の利用で次年度も無料


経費の精算で手間がかかるのが交通費。
外出が多い方や車移動が多い方は、この交通費の精算を効率化したいと思っている方もいるでしょう。

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでは、ETCカードが無料で作成可能。
また、一年に1回以上利用すれば次年度年会費も無料となっているので、実質無料でETCカードを利用し続けることができます。

そして、ETCカードを利用すれば、いつどの区間を利用したのかを明細で簡単に確認することができるため、曖昧になりがちな交通費の透明化が実現できます。

さらに、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersでは、追加でカードを年会費400円(税抜)で発行できます。
従業員にも低コストで渡すことができ、ガソリン代や交通費なども法人カードで支払うことが可能に。
これにより、交通費の支払いごとに現金が発生しないため、経費の精算も不要となります。
社員が立て替えをする負担が無くなり、経理担当者の業務も楽になることでしょう。

海外旅行損害保険やチケットレスサービスなどで出張も安心


海外出張が多い場合にも、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersがあると安心です。
旅費をカードで精算しておけば、旅行損害保険が適用されます。

出張中のトラブルは予測不可能です。安全と思われている国でもトラブルは起きるもの。

そんなときに三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersを利用していれば、最高2,000万円までの保障がついてきます。
法人カードで支払いをしておくだけで保険が適用になるのは心強いでしょう。

この保険は追加カードにも適応されるので、社員の安全を確保することにも繋がります。

さらに、航空券チケットレス発券サービスが利用可能。
JALとANAが法人優待価格で利用できます。
チケットレスなので、社内で航空券の受け渡しが不要になります。

このサービスを利用すれば、急な出張の場合でもスムーズに対応ができます。
また、座席指定ができている場合には、カウンターに並ぶ必要もありません。

カウンターに並ぶ時間が削減されることで、業務の効率化を実現することができますね!

このように、三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは出張時にも役に立つ一枚となっています。

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersのまとめ

最後に三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの性能を表でチェックしていきましょう。

法人カード名 三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersの基本情報
券面
国際ブランド
申し込み資格 満20歳以上の法人代表者・個人事業主
年会費 1,250円(入会初年度無料)
ポイント還元率 0.5%
マイル還元率 0.3%
利用限度額 10~150万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピング保険 年間最高100万円
追加カード年会費 400円
ETCカード年会費 500円(年1回以上の利用で無料)
キャッシング利用額 最高50万円※国内利率:15%/海外利率:18%

法人カード比較アンサーTOPへ

タイトルとURLをコピーしました