従業員におすすめの法人カードを比較!メリットやデメリットも紹介

従業員におすすめの法人カードとは?選び方のコツを含めて紹介!

従業員向けの法人カードを比較しご紹介

従業員向けに法人カードを検討している場合には、どの法人カードを選べば良いのか迷うことあるかと思います。

従業員向けの法人カードを導入の際には、コストや費用対効果も比較して選びたいものです。

そこで今回は、従業員向けの法人カードの性能を比較しご紹介!

数多く存在する法人カードのなかでも、特に従業員におすすめのカードもご紹介していくので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

法人カードを従業員に配布するメリットとは

法人カードを従業員に配布する利点

法人カードを従業員に配布すると、様々なメリットがあります。

まず、経費精算の簡略化ができるということが挙げられます。
従業員が経費を建て替えで払った場合、経費の精算に非常に手間がかかるでしょう。

回数が少ない場合にはいいですが、いつも精算を行う場合には現金を準備する必要があります。
また、領収書をもとに記録をとらなければなりません。

一方、法人カードで支払った場合には、この経費精算の手間がなくなります。

また、経費が明細で管理できるため経費処理の大幅な簡略化を実現することが可能。
業務の効率化をはかることができます。

次に、従業員に法人カードを配ることで、現金払いで取りこぼしていたポイントを獲得することができます。

経費の精算が多い従業員が法人カードを所持すると、今までよりも法人カードの利用額が増えることに。

すると、ポイントの獲得が今まで以上に行えます。

貯まったポイントで、新しく備品や消耗品を買うことが可能に!
経費の削減につながるでしょう。

さらに、建て替えによる従業員負担を軽減することが可能となります。

建て替え精算の頻度にもよりますが、従業員が現金負担をするのはなかなか厳しいもの。
自分で使う以上にお金を用意しておく必要があり、大きな負担です。

法人カードを利用すれば従業員が現金で建て替えることはなくなります。
そのため、金銭的な負担を減らすことができるでしょう。

最後のメリットとして、金銭トラブルの回避を挙げることができます。

経費精算の中で、領収書の貰い忘れなど金銭トラブルが起きることも!

領収書がもらいにくい場所で経費を利用する場合には、特にその可能性が高まるでしょう。
法人カード精算にすれば明細が残るので、そういったトラブルを減らすことができます!

従業員に法人カードを渡す際の注意点

従業員に法人カードを渡す際の注意点

まず、従業員に法人カード渡す際は、不正利用がされていないかを随時確認する必要があるでしょう。

法人カードの利用には全て記録が残りますが、精算数が多いとチェックも甘くなってしまいがちです。
そのため、法人カードは定期的に確認することをおすすめします。

また、法人カードを利用して貯まったポイントの不正利用にも注意が必要です。

ポイントは減ったかどうかがわかりにくく、こまめに確認していないと不正利用に気づきません。

なので、こちらも合わせて定期的に確認することをおすすめします。

比較する際のポイントは?

従業員向けの法人カードを選ぶ際の比較ポイント

ここでは、従業員向けの法人カードを比較して選ぶ際のポイントを紹介します。

追加カードの発行枚数を確認

まず、追加カードが何枚発行できるかを確認するとよいでしょう。
法人カード会社により、追加カードの発行枚数は異なります。

従業員規模が大きい場合には、枚数の上限以上の法人カードが必要になることも。
そのため、事前に確認することをおすすめします。

追加カードの年会費を確認

追加カードの年会費にも、気を配る必要があるでしょう。
法人カードによって年会費は様々です。

年会費が安い場合には問題がありませんが、年会費が高い場合には使用頻度と年会費を比較して選ぶと良いでしょう。

年会費を比較せずに選んでしまうと、年会費のコストが多くかかってしまう可能性があるので注意が必要です。

従業員向けの法人カード3枚を徹底比較

従業員向けにおすすめの法人カードを3枚比較していきます。
わかりやすいように比較表でまとめたので、それぞれを比較し検討してみてください。

法人カード名 JCB一般法人カード 三井住友ビジネスクラシックカードforOwners オリコEXGoldforBiz
券面
追加カード発行可能枚数 制限なし 制限なし 最大3枚
本カード年会費 1,250円(税別) 1,250円(税別) 2,000円(税別)
追加カード年会費 1,250円(税別) 400円(税別) 2,000円(税別)
ETCカード年会費 無料 500円(税別)
※年一度以上利用で次年度無料
無料
海外旅行保険 最高3,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円
国内旅行保険 最高3,000万円 最高2,000万円 最高1,000万円

おすすめの3枚をご紹介!

上記の比較表のなかでも、従業員に配る際に特におすすめ法人カードを3枚をご紹介いたします!

追加カードの制限もなし!旅行保険が充実しているJCB一般法人カード

従業員向けの法人カード:比較おすすめ①

JCB一般法人カードは、出張の多い方に安心の法人カードです。
国外、国内ともに最高3,000万円の旅行保険が付帯。
安心して出張に行くことができるでしょう。

また、追加カード発行枚数の制限もないため、従業員が多くても安心。
追加カードの年会費は本カードと同じく1,250円です。

JCB一般法人カードの詳細

追加カードが低価格!三井住友ビジネスクラシックカードforOwners

従業員向けの法人カード:比較おすすめ②

三井住友ビジネスクラシックカードforOwnersは、追加カードの年会費が低価格な法人カードです。
年会費400円で利用することができます。

そのため、枚数を多く発行しても負担感が少ないのがポイント。
また、親カード時代の年会費も1,250円とお得なので導入しやすい法人カードとなっています。

三井住友ビジネスクラシックforOwnersの詳細

3枚まで発行可能!コスパが良いオリコEXGoldforBizM

従業員向けの法人カード:比較おすすめ③

法人代表者向けの法人カード「オリコEXGoldforBizM」は年会費2,000円と高コスパの法人カードです。
追加カードの発行枚数は最大3枚までという縛りはあるものの、性能やサービスの質が高いため少数の従業員に配りたいという方におすすめです。

また、国内主要都市の空港ラウンジを無料で利用できるため、出張が多いビジネスマンにも人気がある法人カードとなっています。

オリコEXGoldforBizの詳細

さらに比較して選びたい方はこちら!

今回は、従業員向けの法人カードについて、比較しご紹介しました。
従業員の方に渡したい法人カードは選ぶことはできましたか?

比較して従業員向けに最適な一枚を選んでいただければ、幸いです!

また、当サイトでは、他にも法人カードにまつわるさまざまな情報をご紹介中です!

数多くある法人カードを性能別に比較していますので、まだ法人カードを選ぶのに迷っているという方は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

法人カードを比較する

タイトルとURLをコピーしました