JCBプラチナ法人カードの特徴とメリットを紹介

ステータスが魅力のJCBプラチナ法人カードを徹底解説!

JCBプラチナ法人カードは、JCB法人カードの中でも再上位ランクのプレミアムカードとなっており、より高い水準のステイタス・サービスを求める法人や個人事業主の方におすすめの1枚です。

ポイントも貯めやすく、付帯サービスも充実していますので、ぜひこの機会にJCBプラチナ法人カードを検討されてみてはいかがでしょうか?

JCBプラチナ法人カードを利用すれば、業務上発生する経理の支払いや、事務処理の管理・簡略化も行うことができ、あなたの会社にさまざまなメリットをもたらしてくれることでしょう。

今回はJCBプラチナ法人カードについて、特徴からメリット、審査基準までご紹介します。

また、お申込みする場合に気になるJCBの審査基準も記事後半でご紹介していますので、JCBゴールド法人カードに申し込まれる場合にはぜひ参考にしてみてください。

JCBプラチナ法人カードの基本情報

始めに、JCBプラチナカードの基本情報について説明していきます。

JCBプラチナ法人カードのお申し込み対象は、法人または個人事業主の18歳以上の方が対象となります。

年会費は、プラチナ法人カードとしては安価な30,000円(税別)となっており、追加カード1枚ごとに6,000円(税別)の追加料金がかかります。

この追加カードには発行上限枚数が設けられておりませんので、JCBプラチナ法人カードを渡したい従業員がいくら多くても問題ありません。

カードご利用可能枠は150万円~となっています。

また、JCBプラチナ法人カードは旅行傷害保険が充実しており、海外と国内のどちらでも最大1億円が保証されます。

さらに家族特約も付帯されていますので、カード使用者と生計を共にする配偶者・同居の両親・お子様が病気やケガ、盗難、破損にあった場合でも安心です。

この他にもETCカードが追加でき、もちろん無料で発行できますので、高速道路の利用が多い法人・個人事業主にもおすすめです。

JCBプラチナ法人カードの特徴

JCBプラチナ法人カードでは、ゴールドサービスに加えて「プラチナ・コンシェルジュデスク」や、「プライオリティ・パス」など、プラチナならではの特別サービスが大きな特徴といえるでしょう。

プラチナ・コンシェルジュデスクとは、国内・海外のホテルや、航空券・列車・レンタカーの手配など、旅行に関する各種サポートを提供するJCBプラチナ法人カード限定のサービスです。

さらに、ゴルフ場・チケット・レストランなどのエンターテインメントに関するご相談も24時間365日承っていますので、法人や個人事業主の方で頻繁に出張や接待がある方は大いに役立つことでしょう。

プライオリティ・パスとは、世界約130の国や地域、約500の都市で約12,000カ所の空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。

出張や旅行に出かける際に、早めに航空についてしまったり、飛行機が遅れてしまったりした場合、快適に過ごせる場所として利用することができるので、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか?

ただし、こちらのサービスは対象者が法人プラチナ会員代表使用者の方のみとなっており、追加カード使用者の方は利用不可となっています。

JCBプラチナ法人カードのメリット

JCBプラチナ法人カードには、以下のようなメリットがあります。

  • ホテル優待
  • 1名様分のコース料理が無料「グルメ・ベネフィット」
  • ETCカードを無料で複数発行可能
  • QUICPayの追加発行可能
  • 使うほど貯まる「Oki Dokiポイントプラグラム」

JCBプラチナ法人カードには、国内外での圧倒的なホテル優待が付帯しており、出張や旅行の際にはお得な会員価格で予約を取ることができます。

1名様分のコース料理が無料となる「グルメ・ベネフィット」では、2名様以上のコース料理を利用することで特典が利用できますので、ビジネス面での会食や接待にはピッタリ!

先ほどご紹介したETCカードは複数発行可能となっており、チャージ不要のQUICPayも追加発行可能です。

使うほど貯まる「Oki Dokiポイントプラグラム」では、1,000円ごとに1ポイントが貯まる仕組みとなっており、この1ポイントに約5円程度の価値があります。

ポイントの計算方法は毎月の合計金額に対してポイントが加算されますので、1度のお買い物で1,000円未満だった場合でも、合算することによって端数を無駄にすることがなく、よりたくさんのポイントを貯めることができるでしょう。

JCBプラチナ法人カードの審査基準

JCBプラチナ法人カードの基本的な条件には、以下のようなものが挙げられます。

  • 法人または個人事業主であり、18歳以上の申請者
  • 会社を設立してから3年経過
  • 経営が2年以上の黒字

ただし、最上位のプラチナ法人カードであるため、独自の厳しい審査基準が存在し、必ずしも審査に通過できるとはいえません。

そうはいっても「プラチナ・コンシェルジュデスク」や、「プライオリティ・パス」などのプラチナ独自の大変便利な付帯サービスがありますので、前述の審査条件を満たされている法人または個人事業主の方であれば、ぜひこの機会にJCBプラチナ法人カードにお申し込みされてはいかがでしょうか?

JCBゴールド法人カードのまとめ

最後にJCBゴールド法人カードの性能を表でチェックしていきましょう。

法人カード名 JCBゴールド法人カードの基本情報
券面
国際ブランド
申し込み資格 法人代表者・個人事業主
年会費 30,000円
ポイント還元率 最大0.85%
マイル還元率 最大0.48%
国内旅行傷害保険 最高1億円
海外旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 最高500万円
追加カード年会費 6,000円
ETCカード年会費 無料

法人カード比較アンサーTOPへ

タイトルとURLをコピーしました