JCBの法人カードを徹底比較!種類・ランク別に違いを解説!

JCBの法人カードは全部で5種類!性能の違い比較!

JCB法人カードを比較

日本で唯一の国際ブランド「JCB」が発行する法人カードを検討している方はいませんか?

そして、自分にあったJCB法人カードはどれか、どう選べばいいのか迷う…という法人代表者の方や個人事業主の方もいるかと思います。

そこで、このページでは、JCBの法人カードの種類について比較して解説。

ランクごとの違いや性能について比較しながらご紹介していきます!
最後には、特におすすめのJCB法人カードもご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

「ポイント型」と「キャッシュバック型」の違いとは?

JCB法人カードの種類を比較

まずJCB法人カードの種類について解説していきます。
JCBの法人カードには、下記の2種類があります。

  • ポイント型の「JCB法人カード」
  • キャッシュバック型の「jCBビジネスプラス法人カード」

「ポイント型」のJCB法人カードの仕組みは、「利用金額に応じてポイントが貯まる」システムです。

対して「キャッシュバック型」のJCBビジネスプラス法人カードは、ポイントは付かず、支払いに応じたキャッシュバックが得られるというシステムになっています。

キャッシュバック型の法人カードは珍しいので、どんなシステムなのか軽く解説します。

ポイント型のJCB法人カードの還元率は0.5%と、平均的な還元率です。
それに対し、キャッシュバック型のJCBビジネスプラス法人カードの還元率は0%〜3.0%と、ポイント型と比べ最大6倍の差があります。

一見、キャッシュバック型はポイント型に比べ、大変お得に見えますよね!

ただし、キャッシュバック型の還元対象は、「国内利用の交通費・宿泊費のみ」となっています。
海外での支払い分や、備品の購入にキャッシュバックを利用することはできません。

また、キャッシュバック型の売りである「還元率3.0%」にするには、月100万円以上の利用が必要です。

しかお、その還元率が反映されるのは翌月なのです。

つまり、100万円以上の利用で今月の還元率が3.0%になっても、来月全く利用がなかった場合は、その恩恵を受けられないということになります。

また、ポイント型のJCB法人カードには「一般」「ゴールド」「プラチナ」が存在しますが、キャッシュバック型は「一般」と「ゴールド」のみとなっています。

キャッシュバック型を選んだ場合、利用金額が多くなりランクを上げたいと思っても、ゴールドより上のランクにはできないので注意しましょう。

以上のことから、JCBの法人カードを選ぶ際は、基本的には使い勝手お良い「ポイント型」のJCB法人カードがおすすめをしています。

しかし「国内利用の交通費・宿泊費」の利用が多いという方は、キャッシュバック型を検討してみるのもよいかも知れません。

JCBの法人カードの「ポイント型」をランク別に比較します

おすすめの「ポイント型」のJCB法人カードを、ランクごとに比較してみました!
年会費や利用限度額に違いがあるので、それぞれ比較していきましょう。

法人カード名 JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
券面
利用限度額 10〜100万円 50〜250万円 審査による
年会費(初年度) 無料 無料 30,000円
年会費(2年目) 1,250円 10,000円 30,000円
追加カード年会費(初年度) 無料 無料 6,000円
追加カード年会費(2年目) 1,250円 3,000円 6,000円
ポイント還元率 0.5% 0.5% 0.5%
ポイント有効期限 24ヶ月 36ヶ月 60ヶ月
付帯保険(海外) 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円
付帯保険(国内) 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円
ショッピング保険 年間最高100万円 年間最高500万円 年間最高500万円
空港ラウンジ 国内&ホノルル プライオリティパス
付帯サービス ポイント
ビジネスサポート
ゴールドグルメ
ゴルフエントリー
コンシェルジュサービス
グルメ・ベネフィット

JCBの法人カードを性能別に比較!おすすめのランクは?

ランクごとに比較

では、JCB法人カードを「一般」「ゴールド」「プラチナ」の各ランクの性能を比較しながら解説します。

  • 年会費
  • 利用限度額
  • ポイント還元率・有効期限
  • 付帯保険
  • 付帯サービス
年会費

まずは、年会費を比較してみましょう。

「JCB一般法人カード」、「JCBゴールド法人カード」は、ネットからの申し込みで初年度年会費が無料になります。
「JCBプラチナ法人カード」は、初年度から年会費30,000円がかかります。

また、追加カードの年会費も同様で、「JCB一般法人カード」、「JCBゴールド法人カード」は無料になります。
「JCBプラチナ法人カード」の追加カードの年会費は、6,000円です。

次年度の年会費は、「JCB一般法人カード」は1,250円、「JCBゴールド法人カード」は10,000円、「JCBプラチナ法人カード」は初年度と同じ30,000円です。

ゴールドランクでも、初年度年会費無料、追加カードも無料というのはかなりお得ですね。

利用限度額

「JCB一般法人カード」の利用限度額は、10〜100万円です。
「JCBゴールド法人カード」になると、50万円から最高250万円になります。

法人カードの利用限度額は、個人のクレジットカードよりも重要度が高くなります。

個人のカードの場合は、限度額が不足した場合「来月まで我慢しよう」で済みますが、法人の経費の支払いはそういうわけにはいきません。

支払いが滞らないように限度額の小さいカードを複数枚持つのは、手間や管理の煩雑につながります。
多少年会費が高くても限度額に余裕のあるカードを1枚持つほうが、特に法人カードにはおすすめです。

また、「JCBプラチナ法人カード」の利用限度額は、審査によってもっと利用限度額を上げることができます。

ポイント還元率・有効期限

ポイントの還元率は、基本的に全ランク「0.5%」となっています。

ですが、ポイントの有効期限を比較するとランクごとに異なります。

  • 一般カード…24ヶ月(2年)
  • ゴールド…36ヶ月(3年)
  • プラチナ…60ヶ月(5年)

となります。

さらに、JCBの法人カードのポイント「OkiDokiポイント」は好きな商品と交換できる他、Amazonの支払いに1ポイント=3.5円としても利用できます。

ポイントを、百貨店などの商品券と交換することもできます。

ちょっとしたタイミングでポイントを有効活用できるのが魅力となっています!

付帯保険

JCB法人カードは他のカード会社と比較しても、付帯保険が充実していることでも有名です。

「JCB一般法人カード」の旅行保険は、国内外とも最高3,000万円。

一般ランクでも十分高い補償とも言えるのですが、これがさらに「JCBゴールド法人カード」となると海外最高1億円、国内5,000万円。
「JCBプラチナ法人カード」ですと国内外最高1億円となります。

海外での治療費は高額になることが想定されるので、この違いはかなり大きいと言えそうです。

また一般カードの保険は利用付帯(事前に旅行費用をカードで支払うことで加入できる)ですが、ゴールド、プラチナは自動付帯(カードを持つだけで補償対象となる)です。

付帯サービス

「JCB一般法人カード」にはポイントサービス、オンラインでのチケット予約などのビジネスサポートサービスなどがあります。
そして、ゴールドランク以上になるとさらにプレミアムなサービスがつきます。

「JCBゴールド法人カード」では、国内の主要空港に加えハワイ・ホノルル空港のラウンジが利用できます。

また飲食料金の割引が受けられるゴールドグルメ優待サービス、ゴルフ場の手配をしてくれるゴルフエントリーサービスがあります。

「JCBプラチナ法人カード」では、さらに最上級の付帯サービスがあります。

プラチナコンシェルジュがつき、24時間365日、旅行やゴルフ場、レストランなどの相談を受けてくれます。

また有名レストランを2名以上の予約で1名分無料になるグルメ・ベネフィットサービス。
さらに利用できる空港ラウンジが120の国や地域の約700ヶ所まで広がるプライオリティ・パス。

まさに、最上級ランクにふさわしいプラチナカードのサービスですね!

JCBゴールド法人カードは万能でオススメ

比較しておすすめの一枚

JCBの法人カードを比較してみましたが、比較したなかでも「JCBゴールド法人カード」がとくにおすすめと言えます!

理由として、

  • キャッシュバック型にはプラチナランクがなく、あとでランクが上げられない
  • キャッシュバック型は国内の移動が多い方向け
  • JCBゴールド法人カードは年会費と付帯サービスのバランスがよい

ということが挙げられます。

JCBゴールド法人カードは、一般カードと同じ初年度年会費無料にできる手軽さ、そして次年度もプラチナランクの3分の1の年会費で、プラチナと同程度の付帯補償が受けられます。

海外補償額がともに最高1億円というのは、かなりお得で安心ですね!

ショッピング補償も、一般カードは年間最高100万円ですが、ゴールドとプラチナはともに年間最高500万円です。

しかも、JCBゴールド法人カードは、追加カードの年会費も1枚目が無料の場合は無料。
次年度は3,000円です。

ゴールドカードでありながら試しに1年間年会費無料で使うことができ、使い勝手がよかったら追加カードも格安で発行できるので、さらにお得になりますね!

詳細は下記でもご紹介しています!

JCBゴールド法人カードの詳細

他の法人カードも比較しチェック!

以上、JCB法人カードの3ランクを比較してみました。

比較し、コストパフォーマンスに優れているのは「JCBゴールド法人カード」ですが、1億円もの補償が必要ない方は年会費1,250円の「JCB一般法人カード」で十分なサービスが受けられます。

さらにコンシェルジュサービスやグルメベネフィットに興味がある方は、「JCBプラチナ法人カード」がおすすめです。

性能に優れたJCB法人カード、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

また、当サイトでは今回ご紹介した以外の法人カードも性能別に紹介中!
他の法人カードも比較したいという方は、豊富な種類を比較しご紹介している下記のページもチェックしてみてください。

法人カード比較ページはこちら

タイトルとURLをコピーしました