一般ランクの法人カードを徹底比較

一般ランクの法人カードを比較!

一般法人カードを比較

法人カードには、「一般ランク」「ゴールドランク」「プラチナランク」とランクがあります。
このランクの中で、比較的審査のハードルが低く作りやすいのが、一般法人カードです。

一般法人カードは年会費が格安であり、他のランクと比較しても審査に通りやすく、新設の会社でも申し込みやすいという特徴があります。

「ゴールドランクやプラチナランクに比べると性能が落ちてしまう」、「信頼性が低い」などと思う人もおられるかもしれませんが、一般法人カードでも十分な性能や信頼を得ることができるので、その点の心配はありません。

ただ、一般法人カードは種類もたくさんあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。
そこで今回は、一般法人カードを比較しながら紹介していきたいと思います。

最後には比較したうえで、おすすめの一般法人カードもご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください!

一般法人カードのメリットについて紹介

一般法人カードの利点とは

まず、一般法人カードのメリットについて紹介していきます。

一般法人カードのメリット
  • 年会費が安い
  • ビジネス向けのサービスが付帯している
  • 審査が比較的難しくない

まず1つ目のメリットは、「年会費が安い」という点です。

一般法人カードは、相場で見ても1000円台がほとんどであり、高額な年会費を請求されることもありません。

中には年会費永久無料のものもあるので、年会費がかからない法人カードもあります。

年会費が安くても3000万円ほどの保険サービスを受けることもできるので、お得感が高いです。

2つ目のメリットは、「ビジネス向けのサービスが付帯している」こと。

一般法人カードであっても、年会費以上に元が取れるサービスを提供している法人カードもあります。

たとえば、JCB一般法人カードを例にあげると、一般ランクで年会費1,250円でありながら、旅行保険が最高3,000万円もついています。
一部のゴールドランクの法人カードよりも、手厚いサービスを受けることができるものもあるので見逃せません!

3つ目は、「審査が比較的難しくない」という点です。

法人カードを導入する際は、必ずカード会社の審査を受ける必要があります。

一般法人カードは、ゴールドランクやプラチナランクの法人カードと比較して、審査に通る確率が高くなると言われています。
理由としては、限度額が低く設定されていることが挙げられます。

審査に不安を抱える方は、まず一般ランクの法人カードを導入し、信用の実績を作ってから、高いランクの法人カードに申し込みをするというのも一つの手です。

選ぶ際の比較ポイントについて

一般法人カードを選ぶ際に比較する点

一般法人カードを選ぶ際の比較ポイントは、「年会費」、「限度額」、「追加発行枚数」の3つになります。

一般法人カードの「年会費」は、発行会社や法人カードのランクによって異なりますが、1,000円台の法人カードが多いです。
しかし、中には1,000円台を超える年会費のものもあったり、年会費無料のっものがあったりと様々です。

ただ、年会費が高ければ、それ相応のサービスを受けることができることができるでしょう。
そのため、一般法人カードを選ぶ際は、年会費とサービスを比較しながら決める必要があります。

また、「利用限度額」も比較して決める必要があります。
経費の支払いに利用する法人カードであれば、毎月の支払いも大きくなってくるので、限度額が少なければビジネスとして利用しにくい点が出てきます。

まずは、会社でどれくらいの出費が出ているのか計算してから、限度額を比較して決めることが必要になるでしょう。

そして一般法人カードを選ぶ際は、「追加発行枚数」も比較しておきましょう。
法人カードは追加発行枚数を行うことができ、複数の社員が持つことによってさらに経費処理を簡略できます。

一般法人カードを作成する際は、追加発行枚数の費用と限度枚数を比較する必要があります。

法人カードによって発行枚数が20~50枚、または無制限となっているところもあるので確認しておきましょう。

一般法人カードの性能を比較!

ここでは、一般法人カードの性能を比較していきます!

カード名 JCB一般法人カード 三井住友ビジネスクラシックカードforOwners セゾンパールアメックス
券面
年会費 1250円 1250円 1000円
追加カード年会費 1250円 400円 無料(個人カードのみ)
ETCカード年会費 無料 500円 無料
限度額 100万円 150万円 非公開
海外保険 3000万円 2000万円 なし
国内保険 3000万円 なし なし

おすすめは「JCB一般法人カード」

比較したうえでおすすめ

一般法人カードを比較したうえで、なかでもおすすめなのが「JCB一般法人カード」になります。

JCB一般法人カードは年会費も安く追加発行もすることができ、海外保険や国内保険も付帯されています。

法人カードとして経理の簡略も行いやすく、限度額も100万円まであるので、ビジネスとして使用しやすいです。

一般法人カードを作成しようと思う方は、ぜひJCB一般法人カードを検討してみてください!

JCB一般法人カードの詳細

ほかのカードも気になる方はこちら

今回は、一般法人カードについて比較しご紹介しました。

当サイトでは他にも、性能別、ランク別など、求めるものに合わせて法人カードを比較しご紹介しています。

そちらが気になる方は、ぜひ下記のページもチェックしてみてくださいね。

法人カードを比較する

タイトルとURLをコピーしました