法人カード保険サービスを比較!補償内容と利用条件について

法人カードの保険内容を比較してみた

法人カードの保険を比較

法人カードは経費管理を簡略化するだけでなく様々な特典がついています。

その内のひとつが法人カードの不正利用や国内外での出張時のトラブルに対する保険です。

インターネット上で商品を購入した際の補償や、国内外の出張時に怪我や病気になった時にも、法人カードの補償内容によっては保険が有効となります。

法人や個人事業主の方であれば、そのような機会が増える可能性も高いため、補償が充実した法人カードを持っておいても損はしないはずです。

今回は、各法人カードの保険サービスを比較しご紹介します。
最後には、比較しおすすめの法人カードもご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

付帯されている保険の種類

法人カードに付帯されている保険の内容

法人カードの保険内容は多岐に渡ります。

国内や海外旅行で怪我をした際の補償や、飛行機の急なキャンセルや遅延によって生じた損害補償など、法人カードによっても内容は異なりますが、そもそもどんな種類があるのかご存知でしょうか。

ここでは法人カードの保険内容について、ご説明していきます。

海外旅行保険について

その名の通り海外旅行や出張時の怪我や病気に対して受けられる保険です。
海外では日本とは違い、高額な医療費や治療費を請求される場合もあります。

そのため海外に行く際には保険に入ることが望ましいのですが、法人カードを所有していれば保険を受けることができます。

また家族特約が付いていれば、御家族にも保険が適用されるようになっています。

注意点としては、2つのことに注意が必要です。

1つ目は、保険が保証される期限です。

補償期限が経過してしまうと、所有していても補償が受けられないということもあります、
なので、怪我や病気になった場合には速やかにカード会社に連絡してください。

2つ目は、後ほど説明する「自動付帯」か「利用付帯」といった保険が適用される条件を、把握しておくことがとても大切です。

法人カードを持っているだけでは適用されないこのもあるので、注意してください。

国内旅行保険について

国内出張する機会が多いのであれば、こちらの補償も重要になりますね。

法人カードに国内旅行傷害保険が付帯していると「傷害死亡後遺障害」や「傷害・疾病治療(入院・手術・通院)」で保険金が支払われます。

出張時の損害やトラブルを避けるためにも、法人カードの国内旅行保険は必須ではないでしょうか。

ショッピング保険について

ショッピング保険とは法人カードで購入した商品の破損や盗難を保障してくれる保険のことをいいます。

最近では、インターネットを利用して商品を購入することが多いですが、その場合にも対象であれば補償してもらえるようになっています。

補償に関しても期限があるため、破損や盗難にあった場合には速やかにカード会社に問い合わせてください。

なお、補償には利用控えが必要なことや、商品が紛失した場合には適応されないなどの条件もあるため、事前にきちんと把握しておくことも大切です。

飛行機遅延補償について

飛行機遅延補償とは、飛行機が遅れてしまった場合の損害を負担してくれる補償のことです。

出発便の欠航や大幅な時間の遅れ(4時間以上)があった際などに、証明書を発行してもらい申請することが可能です。

自然災害やテロなどは保障の対象外ですが、エンジントラブルや大雪、台風などの天候によるものは対象になります。

特に国内線と比較して国際線では、飛行機が遅延することは珍しくないので、きちんと申請し補償を請求するようにしてください。

適応される条件は?家族には?

法人カードの付帯条件には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類の条件があります。

自動付帯は法人カードを所有しているだけで保険が適用されますが、利用付帯であれば付帯している法人カードを使用して代金を支払わなければ保険が適用されません。

ショッピング保険などは利用保険であることが多く、所有する法人カードで支払わなければ補償の対象外となることがあるので注意が必要ですね。

また法人カードには「家族特約」というサービスがあります。

これは法人カードの本会員に加え、その家族にも補償内容が適応されるものです。

家族特約にも、家族の場合には補償額が異なることや対象となる範囲が配偶者や世帯が同一などの要件があります。
家族で旅行する際には事前に比較し、確認しておくことが大事ですね。

法人カードの保険サービスを比較

ここでは各法人カードに付帯される保険サービスの内容を比較していきます。

カード種類 本カード年会費(税別) 追加カード年会費(税別) 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 飛行機遅延補償 家族特約
JCB一般法人カード
比較:JCB一般法人カード
1,250円
初年度年会費無料
1,250円
(1枚目が無料なら無料)
最高3000万円
利用付帯
最高3000万円
利用付帯
国内(なし)
海外最高100万円
なし なし
JCBゴールド法人カード
比較:JCBゴールド法人カード
10,000円
初年度年会費無料
3,000円
(1枚目が無料なら無料)
最高1億円
利用付帯
最高5000万円
自動付帯
最高5000万円
利用付帯
国内・海外
最高500万円
2~4万円
補償あり
なし
JCBプラチナ法人カード
比較:JCBプラチナ法人カード
30,000円 6,000円 最高1億円
自動付帯
最高1億円
自動付帯
国内・海外
最高500万円
2~4万円
補償あり
あり
三井住友ビジネスクラシックカードforOwners
比較:三井住友ビジネスクラシックカードforOwners
1,250円
ネット入会で初年度無料
400円 最高2000万円
利用付帯
なし 国内(なし)
海外最高100万円
なし なし
三井住友ビジネスゴールドカードforOwners
比較:三井住友ビジネスゴールドカードforOwners
10,000円
ネット入会で初年度無料
2,000円 最高5000万円
自動付帯
1000万円
利用付帯
4000万円
最高5000万円
自動付帯
1000万円
利用付帯
4000万円
国内・海外
最高300万円
なし なし
三井住友ビジネスプラチナカードforOwners
比較:三井住友ビジネスプラチナカードforOwners
50,000円 5,000円 最高1億円
自動付帯
最高1億円
自動付帯
国内・海外
最高500万円
2~4万円
補償あり
あり
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
比較:セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
20,000円 3,000円 最高1億円
自動付帯
最高5000万円
自動付帯
国内・海外
最高300万円
3~10万円
補償あり
なし
セゾンパール・アメックス
比較:セゾンパール・アメックス
1,000円
初年度無料
翌年も支払いがあれば無料
無料 なし なし なし なし なし
アメックス・ビジネスゴールド
比較:アメックス・ビジネスゴールド
31,000円 12,000円 最高1億円
利用付帯
最高5000万円
自動付帯
最高5000万円
利用付帯
国内・海外
最高500万円
3~10万円
補償あり
あり
アメックス・ビジネスグリーン
比較:アメックス・ビジネスグリーン
12,000円
初年度無料
6,000円 最高5000万円
利用付帯
最高5000万円
利用付帯
国内・海外
最高500万円
3~10万円
補償あり
あり
オリコEXGoldforBiz
比較:オリコEXGoldforBiz
2,000円
初年度無料
無料 最高2000万円
自動付帯
最高1000万円
自動付帯
国内・海外
最高100万円
なし なし

選ぶならJCB法人カードがおすすめ!

保険内容を比較してきましたが一般、ゴールド、プラチナ、どのランクにおいても最高水準の保険が付帯されているのは国内大手であるJCB法人カードのようですね

国内外の旅行保険はもちろんショッピング保険に関しても充実しています。

出張やオンラインショッピングなど多いビジネスマンの方はこのような保険が充実したJCB法人カードを検討してみてはいかがでしょうか?
この法人カードの性能は、下記のページでまとめています。

JCB法人カードが気になる方は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

JCB法人カードを比較する

タイトルとURLをコピーしました