ApplePayが利用できる法人カードを比較!手間とリスクの削減に繋がる

ApplePayが使える法人カードを比較!どのカードがお得?

ApplePayはクレジットカードを登録して、そのカードでの決済というシステムになっています。

もし、ApplePayに法人カードを登録できれば、普段のビジネスでの経費や諸費用を決済できるようになるので便利ですね。

しかし、法人カードの性能を比較すると、すべてのカードにApplePayが登録できるわけではないというのはご存知ですか?

また法人カードを比較すると、それぞれ還元率や年会費も違います。
それでは、ApplePayを法人カードで利用したい場合、どのカードを使うのがお得なのでしょうか?

今回はApplePayに最適な法人カードを比較してご紹介します。

ApplePayとは?法人カードでもApplePayを利用できるの?

日本では2016年から使えるようになったApplePay。

iPhoneにクレジットカードを登録すれば会計の際に財布の出し入れや小銭の管理などが不要で、普段の買い物の時にiPhoneをタッチするだけで会計が終わります。

手間もかからないし時間も短縮できるため、非常に便利です。
また、現金を落としたりする心配もないのでセキュリティー的にも安心で、コンビニなどでも使ってる人をだいぶ多く見るようになりました。

実はApplePayで決済をするとき、クレジットカードから直接決済されているわけではありません。
「iD」または「QUICPay」の後払い式電子マネーを経由して決済されているのです。

つまり、法人カードでApplePayを使う時は、その法人カードがiDかQUICPayに対応している必要があるのです。

ですので、法人カードでApplePayを使いたい時はiDかQUICPayに対応しているかどうかを先に確認するようにしましょう。

法人カードでApplePayを利用するメリット

法人カードでApplePayを利用するとどのようなメリットがあるでしょうか?

まず、時間と手間を圧倒的に減らすことができます。
例えばコンビニで買い物をする場合、現金ならまず財布から小銭や札を計算しながら出します。
計算を間違えて少なく出してしまった時は、また財布からお金を出す必要があります。

そしてレシートをもらい、後の計算のためにとっておかなければなりません。
法人カードの場合も、財布からカードを出す手間が生まれます。

これがApplePayで支払いとなると、ポケットやカバンからiPhoneを出して対応端末にタッチするだけになります。
携帯なら普段から出しやすい場所にしまってあるのでほとんど手間はかかりません。

ちょっとした手間ですが、毎日のことなので月間や年間単位で計算すると結構な時間になります。

その時間を業務にあてることで、より効率よくビジネスに取りかかることができるようになります。

またセキュリティ面でもメリットがあります。
法人カードを落としたときのことを考えましょう。

落としてから気づくまでに時間がかかり、気づいたらかなりの額が使われていた、ということが考えられます。

しかし、ApplePayは指紋認証によって起動します。
つまり最悪iPhoneを落としたとしても拾った人はApplePayを使うことができません。

そしてiPhoneにはGPSがついており、他のパソコン、スマホ、タブレットから探すことができるので、落としてもすぐにどこにあるか見つけることができます。

このように、効率面、セキュリティー面から法人カードでApplePayを使うことには大変大きなメリットがあると言えます。

法人カードでApplePayを利用する際の注意点

法人カードでApplePayを利用する時の注意点について説明します。
使おうとしている法人カードがVISAブランドの場合、注意が必要です。

現状ではVISAカードでApplePayを使う場合、実店舗での決済はできるのですが、アプリ上の決済、Web上の買い物の決済はできないようになっています。

つまり、実店舗でオフィスの文房具を買うことはできても、ネット通販で同じものを買おうとしても決済できない、ということです。

ただ、これには一つ例外があり、Suicaを利用することだけはできます。
これはSuicaはApplePayでの決済ではなく、Walletアプリ内での通常カードでの決済という扱いになるからです。

以上の点から法人カードでApplePayを利用しようと考えている方はまずカードがVISAかどうかを確認し、VISAの場合は実店舗での利用またはSuicaの利用をメインに考えた方が良いでしょう。

ApplePayに対応している法人カードを比較!

ここでは、ApplePayが利用できる法人カードの性能を比較してみていきましょう。

カード種類 対応電子マネー 年会費 追加カード年会費 ポイント還元率
JCB一般法人カード
QUICPay 1,250円 1,250円 0.5%
JCBゴールド法人カード
QUICPay 10,000円 3,000円 0.5%
JCBプラチナ法人カード
QUICPay 30,000円 6,000円 0.5%
三井住友ビジネスクラシックカードforOwners
iD 1,250円 400円 0.5%
三井住友ビジネスゴールドカードforOwners
iD 10,000円 2,000円 0.5%
三井住友ビジネスプラチナカードforOwners
iD 55,000円 50,000円 0.5%
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
iD
QUICPay
20,000円 3,000円 0.5%
セゾンパール・アメックス
iD
QUICPay
1,000円 なし 0.5%
オリコEXGoldforBiz
QUICPay 2,000 円 3枚目まで無料 0.5%
アメックス・ビジネスゴールド
QUICPay 31,000円 12,000円 0.4%
アメックス・ビジネスグリーン
QUICPay 12,000円 6,000円 0.4%

ApplePayが利用できる法人カードを紹介

比較した法人カードのなかでも、ApplePayを利用する際に特におすすめの2枚をご紹介していきます。

オリコEXGold forBiz

「オリコEXGold forBiz」はオリコが発行する法人カードです。

その魅力は何と言っても年会費の安さでしょう。
なんと年会費2,000円でゴールドカード相当の優遇を受けることができます。

一般の法人カードとほぼ同じか少し高い年会費ですが、その価格でゴールドカード待遇を受けられるメリットは大きいでしょう。

福利厚生サービスを無料で受けられたり、ETCカードを無料発行できたりなどのメリットもあります。

オリコEXGoldforBizの詳細

アメックス・ビジネスグリーン

「アメックス・ビジネスグリーン」は高ステータスカードとして有名なアメリカン・エキスプレスが発行する法人カードです。

高ステータスな法人カードなので、取引先などから一目置かれる存在になることもできます。

一見、年会費が高いように見えますが、受けられるメリットを考慮すると大変コストパフォーマンスの良いカードになっています。

出張などで飛行機を予約する際、この法人カードで決済をすれば最大5,000万円までの旅行傷害保険がつきます。ここまでの保険がつくカードはなかなかありません。

また、年間3,000円のプログラムに登録すれば100円で1ポイントたまるポイントを1マイルに交換することもできます。

他のカードにはなかなか見られない高還元率です。

つまりアメックス・ビジネスグリーンで全て決済すればかなりのポイントがたまるので、それをマイルにし、出張費を削減したりビジネスクラスなどの贅沢なプランに変更することもできるのです。

アメックス・ビジネスグリーンの詳細

目的別に比較した記事はこちら!

今回は、ApplePayが利用できる法人カードを比較しご紹介しました。

また、当サイトでは、今回ご紹介した性能以外にも、さまざまな項目で比較記事を作成しています!

法人カードを比較して選びたい方は、そちらの記事もぜひチェックしてみてください!

比較ページはこちら

タイトルとURLをコピーしました